新人くん、誰に聞いてもいいんだYO!

Pocket

トラの赤ちゃんにミルクをあげている写真です。

僕の着ている服の柄のせいで、いまいちトラの赤ちゃんが目立たない!とお叱りをうけることの多い写真です(笑)

ごっくごく飲んでましたね、しっかり栄養を吸収してました!

赤ちゃんにはミルクを、新入社員には、、、

今回は仕事術、チーム力のボトムアップに欠かせない、新入社員の育成について、僕の考えを書いてみます。

自分が入社して1年とか2年だという人、またそういった新入社員がいる職場・会社で仕事をしている人、双方に読んでほしいと思います。

新人くんが、”自分で育っていける”、その環境をつくってあげましょう!

皆さんの会社や職場ではどのように新人を育成しますか?

実は僕、現在、新人のOJT担当=ブラザーとなっています。

新人のOJT担当のことを”ブラザー/シスター”と呼び、この育成システムを”ブラザー/シスター制度”、と呼んだりしますね。

すなわち僕は、”〇〇くんのブラザー”という肩書を拝命していることになります。


実務をどんどんやらせて仕事を覚えさせればいいと思ってませんか?

このブラザー制度では、ブラザーと新人、という固定された人間関係が決まっちゃうわけです。ここにこの制度の弊害がある、と僕は考えています。

僕は、新人はみんなで育てる!が正解だと思っているので、

  • 実務はあの若手と一緒に行動して学んでもらおう

  • 人脈は自分と行動をともにする事で形成のサポートをしよう
  • 技術的/論理的な考え方はあの若手に追いつき追い越せで切磋琢磨させよう
  • etc

とか自然と周りを巻き込んでみんなで育てる、っていう感じに環境を整えてあげられます。

加えて、

わからないことは誰に聞いてもいいんだよ、むしろいろんな人に話しかけて聞いてみて!ってことを繰り返し伝えていて、

そうやって学んだことを、週に一回、1対1でセッションする時間を設けて、

何を誰から学んだのか、とかを中心に振り返りつつ、内容の補足をしたり、次の行動を提案したり、というやり方をしています。

直接いろいろと教えるのではなく、

みんなの中で育っていく新人くんをフォローアップしてあげる

といった感じです。

でも、、、僕みたいに視座の高いブラザーばかりではないんですよね、残念ながら。


新人とブラザーがハマる確率なんて、、、

上述のように高い視座から新人の育成を考えられる人ならブラザーになってもいいんですけど、そうじゃない場合、

すなわち、ブラザー個人の価値観で直接教える、答えを与えて、そのやり方で実務をやらせる、とかやっちゃう場合に、この個人固定のブラザー制度っていうものの弊害が出てくる可能性が高まります。

ブラザーも新人も人間、人間同士って、合う・合わないがある(それぞれの価値観がある)から、

直接指導しちゃうタイプの視座が低いブラザーだと、

新人くんが楽しく仕事を覚えていき、順調に育っていけるかどうかっていうのがハマる・ハマらないの確率論になっちゃうんですよね。

芸人さんがだれだれにハマる、とか言ったりするけど、あの感じですね。ハマったらその人と一緒にいたいし、仕事とか含めていろんな活動したいってなってきますよね?

逆にハマってないのに、指導役はこの人!って指定されちゃっても、、、

まじめで素直な新人君ほど、「まずはブラザーに聞かなきゃ」とか「この人が望む形になろう」ってなりそうなんですよね。

新人くんが自由に、積極的に育つ環境が奪われちゃうんです。

そうならないために、


新人くんには自主的に、目指す人、一緒に仕事をしたい人、を見つけてほしい。

新人くんには、ブラザーとか部署とか役職にとらわれず、自分が仕事の話をしてみて魅力を感じる人、楽しいと思える人、に積極的に教えてもらえばいいと思うんですよね!

で、逆に職場や会社のみんなは(こちらもブラザーとか部署とかに関わらず)、新人君が自分に話しかけてきたら、

知ってることは教える、自分がわからなかったら一緒に調べたり考えてみたり、知ってそうな人を紹介してあげたり、っていうことをやってほしい。

いろんな人がいろんなことを教えてくれる、いろいろと協力してくれるっていう状況を作ってほしい

そしてその環境の中で、新人くんが、この人と仕事したいって思える人を見つけてくれて、その人と人脈を築けたら、

必然的に仕事が面白くなってくると思うんですよね!

ここを目指すのが、視座の高いブラザー、ってことになると僕は思っていますし、新人を会社に根付かせるっていうブラザー制度の本来の目標も果たせますからね!


ということで、今回はちょっと真面目に書いちゃいました、もうちょっとふざけたかったのですが、、、自分自身がこのブラザー制度の被害者だったと思っているので、

なんか真面目に書いてしまった!

僕も、「まずはブラザーに聞かなきゃ、」っていう”真面目”な新人だったのですが(笑)、あるとき、この人合わない、ダメだ!ってなって、配属から2年半くらい我慢してきた自分にいら立ちが募って、、、

その日に、美容室で金髪にしてもらって、自分の思うように仕事するわ!って態度で表明しました!

もし僕のブラザーの視座が高い人で、自分で学んでこい、っていう自由な人だったら、それはそれで、もっと早く金髪にしてたかもですけどね!(笑)

次回は、ファッション編、”春コーデ”で投稿したいと思います。

では!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です