上ばかり見てる中間管理職が〇〇な理由

Pocket

上ばかり見て仕事している人って実は上役の期待値に応えきれていないんですよね。

上も見つつ下も見ているからこそ、上役の期待値に正しく応える、時に良い意味で裏切ることもできるんですよ~。

甘党な、僕。

マインドマップを駆使してチームを最強にするリーダーを育てる

大久保雅彦です。


あなたの周りにはいますか?上ばかり見て仕事する人。

  • 部下の状況は関係ない
  • 仕事の理由は、”上が言っているから””上が良く思うだろうから”

あなたの上司だったら嫌ですよねー。

あるいはあなた自身だったり?

こんな上司に部下がついてこない、っていうのはわかりやすい話ですが、

じゃあ、

自分のことばかり見られている上の立場(上役)の人がそのことに満足しているかというと…

そうでもないんですよ!

上の立場の人から見てもその人、“クズ”なんです。

自分(上役)の言ったとおりに、時には無理して応えてくる、っていうのは一見嬉しいようで、役割をまったくわかっていない困ったちゃんです。

なぜなら、

上役はその立場、立ち位置で考えて方針を決め(てみ)るわけです。

でも、

現場にいるプレーヤーがどんな状況なのか、で、どんなふうにしたいと思っているのか、っていうところまでは把握できていないことが多い。

そこまで把握した上でのベストな具体指示はできない、と思っているはずです。

だから、

上下を見渡した上で能動的に考えられる人材を必要とするはずです。上下を見渡す必要のある人は、広義の”中間管理職”として考えていいでしょう。

で、

それができる中間管理職なら、上役から言われたことに対して、

  • 具体的にはこうやって進めましょう
  • こっちのやり方のほうがうちのチームとしてはやりやすいです

というふうに意見できる。なぜなら現場をより知っているのは上役より中間管理職ですからね。

上役の期待値っていうのは、

単純に言うことを聞く人間じゃなくて、

自分のメッセージの本質を理解し、自分自身で考えて、上役の考え及ばない視点で提案してくる、あるいは自分の期待値を超えた仕事をしてくる

ここなんですよね。

(期待値は、、、、期待値を超えてくる、っていう表現になっちゃったけど…)

たぶん、上役も不安なんですよ!

だから、あなたが上司も部下もいる立場なら、

部下の状況・思いを吸い上げて、上役を正しい判断に導いてあげましょう♪


“マインドマップを使った最強チームづくり”をテーマに勉強会や個人講座を主催しています。

技術職として社会人をスタートしたものの、つまらないプライドから、周囲のみんなの言うことを全部聞きつつ、それを自分ひとりでやってみせようとしたがために、ストレスで鬱病になりかけ病院に運ばれた僕が、

周りに嫌われる・責められるかもしれないという不安を振り払い、自分の考え・意見を前面に出して仕事を進めるようになったことで、

部署や階層を越えた”自分チーム”を作り、国内外問わず数々のプロジェクトを任され推進するまでに。

その経験を活かしつつ、近年では”マインドマップ”を使ったマネジメント術を実践。

マインドマップを駆使して周囲を巻き込み、チームを運営・推進できるリーダーになるために必要な実践テクニックとメンタルを育てるための勉強会と講座を開催しています。

■勉強会について、またお申込みはこちら(ストアカ)から↓

https://www.street-academy.com/steachers/305300?conversion_name=direct_message&tracking_code=8f2cd6eefb2a43ab1cc75a87c10559dd

■個人講座について、またお申込み・お問い合わせはこちらから↓
<要領>

都内または名古屋市内のカフェにて個人セッション形式
(都合がつかない場合はWebセッションにも対応します)

<講座費用>

12万円(全6回×2時間=計12時間)

<申し込み方法>

こちらよりお問い合わせください。

個人講座開設に関する思いはこちらから↓


Twitter:メンタル面のツイートが多めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です